リフォームをして売却するという考え方

不動産売却は通常、現状有姿で売却される方が多いです。現状有姿というのは、そのままでという意味合いですが、家具、家電など所有物については売主様の責任において撤去して頂くのですが、如何せん経年劣化していることが多いので、掃除をしたとしても建物の傷みなどは目立ってしまうものです。
 売主様としても、これから売却して自身の所有物ではなくなるものに、リフォームなどの改修費用を新たにかけるのは気が進まないのも当然です。しかし、売主様がそれによって何らかの恩恵にあずかれるのであれば話は少々違ってきます。
 物件価格が同一の場合においてリフォーム済物件と経年劣化した物件では、買主様が購入をお考えの段階で選択するのは、もちろんリフォーム済物件という事になることが殆どです。それともうひとつのメリットは、売却価格の差です。リフォーム費用そのままの価格が反映される程度であれば、早期売却が出来るという点のみになります。しかしリフォームのクオリティーが高ければ高いほどより高値売却と早期売却の両方が期待できます。
 以上のようなことからも、売却前にリフォームをするという方法を検討することもありではないでしょうか?もちろん、売主様の状況によって売却方法は考えないといけませんので、もし期間の余裕があるならばということになります。
 この売却方法については買主様にもメリットがある場合があります。その内容については、改めてお伝えします。

PAGE TOP