名前だけでの業者選び

数多ある不動産業者の中で、知っている会社もあればそうでない会社もある。当たり前のことですが。
 そのような場合の判断基準はどこにあるのでしょうか?
 入口としては大手の会社のように財閥系であるとか、CMでよく見かけるなどが考えられますが、果たしてそのような判断基準で良い結果が得られるでしょうか?
 答えは NO です。
 結果として良い場合もありますが、判断基準として知っているというだけでは危険です。
 では、どうすればよいか。
 担当者と会い、じっくりと話を聞き、提案内容を精査すべきです。
 不動産取引で重要なのは知識です。しかもその知識を適切なタイミングでお伝えすることができるか。ここがポイントです。
 大手というだけで選び、結局安く買いたたかれ業者買取に持っていかれた例は枚挙にいとまがありません。
 当然、買取でないといけない場合もありますが、その際にも大手ではない地場業者にも査定をしてもらいましょう。
 転勤で人が変われば責任回避の口実にもされます。総責任者の顔が見えれば一番良いのでは。
 そういう会社を目指しています。

PAGE TOP