決断の難しさ

不動産売却をしているお客様と接し日々感じることがあります。それは売却を決断すつタイミングです。
 当然より高い価格で売却できることを大多数の方が望まれていますが、あまり高望みをし過ぎると売却機会を逸してしまいます。売却する時には必ず買手が存在します。その買手と価格その他の合意が形成されないと契約は成立しません。
 買手はより安く、売手はより高く。これを調整してまとめるのが仲介会社の役割です。ですので、時として双方にとって良かれと考えて提案した事が、私共への不信感となってしまうこともあります。当然、そのままにせず十分時間を掛けて説明はさせて頂きますので、最後にはご納得頂ける事がほとんどです。
 日々接することが少ない不動産取引ですので、時間を掛けてご理解頂けるまでご説明させて頂きます。それが当社の方針です。

PAGE TOP