売却の流れ

不動産売却の流れを把握しておくことは、スムーズな売却へとつながります。こちらでは、仲介での一般的な不動産売却の流れについてご紹介します。

不動産売却の流れ ~仲介の場合~

仲介とは、不動産会社に売却を依頼する方法です。不動産会社が仲介役として売主様と買主様の間に入り、取引完了まで様々なサポートを行うため、高額売却が目指せます。

1.事前準備
不動産売却に向けて事前準備を済ませておくと、手続きがよりスムーズに進めやすくなります。戸建て・マンション・土地などの売却相場の確認をはじめ、希望売却価格や売却したい時期、査定時に使う書類の準備などが挙げられます。
2.ご相談・査定依頼
ある程度準備を済ませた後は、リノヴェックまでお問い合わせください。不動産売却のご相談や査定は無料です。査定方法は、住所・専有面積・築年数などの物件情報に基づいて算出する簡易査定、実際に物件を見て査定を行う訪問査定からお選びいただけます。
3.売出価格の決定
査定価格を基に売出価格を決めます。リノヴェックでは様々なケースを想定したアドバイスが可能ですので、価格に関する疑問や不明点などはお気軽にご質問ください。
4.媒介契約の締結
売出価格にご納得いただけましたら、売主様とリノヴェックで媒介契約の締結となります。媒介契約には、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の種類があり、ご要望に合った契約方法を選べます。
5.売却活動を開始
売却活動をスタートします。ポータルサイトやレインズの登録、チラシの配布、地方情報誌への掲載、店舗での公開など、様々な媒体を利用して幅広く購入希望者を募ります。物件情報の完全公開または限定公開からお選びいただけます。また、内覧の受付や案内、価格交渉などはリノヴェックで担当しますので、ご安心ください。内覧から購入につながるよう、必要に応じてクリーニングやリフォームなどのアドバイスも行います。
6.売買契約の締結
買主様と条件面で折り合いがつきましたら、売買契約を締結します。契約内容の読み合わせや調整を行い、買主様から手付金を受け取ります。この際、仲介手数料(半金)のお支払いをお願いします。
7.残金決済・引き渡し
後日、決められた期日に残金決算と不動産の引き渡し、司法書士立会いによる所有権移転登記を行います。この際、登記費用や仲介手数料の残金もお支払いいただきます。これで仲介による売却手続きは完了です。

不動産売却の税金対策と相続対策

不動産を売却して利益(売却益)が出た場合、譲渡所得税と住民税の納税が必要です。ただし、3,000万円の特別控除の特例など、一定の条件を満たすと受けられる特例もあるため、税負担を軽減することができます。また、不動産を相続して売却する場合も、各種特例が受けられるので節税が可能です。不動産売却における税金対策や相続対策などはそれぞれ異なります。

不動産売却の方法や税金・相続対策などに関するご相談は、リノヴェックまでお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP